見出し画像

浅草のNEWタピオカ「茶言 TEATHEORY」がシャレてるから、かわいい女の子と行ってきた


しゃっす。妖怪タピオカババアです。今回の浅草タピオカシリーズは、2019年2月末にオープンしたばかりの「茶言(チャゲン) TEATHEORY」。

浅草のタピオカ事情はすごい。調べるたびに新店舗ができている。また、女の半分はタピオカ持って歩いてるんじゃ?と思ってしまうくらい、タピオカに侵食された街だ。


今回、一緒にタピってくれたのは、特にSNSなどをやっていないアサノさん。編集長の知り合いで、はしご酒では夜の女として大活躍だったらしい。

そんな夜の女と、茶言を目指して真昼間の浅草を歩く。。。

突如ドドン!と現れた茶言。インパクトが強すぎる。急に黒い店が出てきた奥に見えるのはみんな大好きヨシカミ。

上にある丸いところには、動画なのかわからないけど、ウゴウゴと何かが映し出されていた。ゲームのセーブポイントみたいなやつ。

メニューはこんな感じ。私がちらっと写り込んでいるのは気にしないでほしい。って言ったら気になっちゃうよね。そこに写り込んでいるのは、タピオカの妖精だから気にしないで…。

ブラックミルクティーが、いわゆるノーマルのタピオカミルクティー。アホみたいにメニューが多いタピオカ屋もあるけれど、茶言くらい厳選されている方が選びやすくて好き。

中に入ると、これまた映えそうな店内。奥にはタンクが見える。高校生のとき、あのタンクの水色バージョンに水を入れて運ばされていたのを思い出した。

そうそう。もう少し丸っこくて、水色と白だった気がする。色が変わるだけでこんなにおしゃれに見えるなんて、色の力ってすごいね。

注文をしたら、店員さんがあのタンクからジョーーーっと飲み物を出して、バーテンダーのようにシャカシャカしてくれる。

急にシャカシャカ音が聞こえてきたから、焦ってブレブレ。釈迦。

二階に飲めるスペースがあるので、飲み物を受け取って、上の階へ。

今回我々が頼んだのはコチラ。左から順に、

・ミルクフォームジャスミンティーにタピオカ追加(670円)
・氷点レモンブラックティー(620円)
・ブラックミルクティー(620円)

全然どうでもいいんだけどさ、「ミルクフォームジャスミンティーにタピオカ追加」ってさ「カントリー娘。に石川梨華」と韻踏めない????

え、たぶんこの世界でタピオカ追加石川梨華で韻踏んでるの私だけだと思うんだけど、そこんどこどう?

とりあえず韻を踏みたい私の目の前でかわいく「氷点レモンブラックティー」を飲むアサノさん。後ろに見えるのはおそらくユーチューバー。

まぜまぜして飲んでいる。「スッキリして、爽やかで、夏に持ち歩きしたい!」だって。タピオカは追加のトッピングが必要なので注意。

それにしてもこのレモンブラックティー。焼酎ぶち込んだら絶対に美味しいんだよね…。

飲んだ瞬間、この顔でこっちを見てきたアサノさん。飲んでいるのは「ミルクフォームジャスミンティーにタピオカ追加」。

この顔になるのもわかる。これ、なんとも言えない味すぎた。いや、美味しいんだよ。美味しいんだけど、今までに飲んだことがない味!

ジャスミンティーって、ちょっとクセがあるじゃない。そのクセが、ミルクフォームによってマイルドにされて、最終的にクリームプリンみたいな味がした。

とか言ってたら、めちゃくちゃ笑ってた。かわいい。でも本当にクリームプリンっぽい!

ジャスミンティーのさっぱりした味と、ミルクの甘さのバランスがちょうどよくて、これは美味しい。ハマりそう。

そしてこれは「ブラックミルクティー」。

今まで飲んできた浅草のタピオカミルクティーの中で一番美味しい。他のお店のミルクティーは、カスタムしていない状態でも甘!!って感じだったんだけど、甘すぎない。ミルクティーが濃い。

午後の紅茶と、紅茶花伝みたいな。知らんけど。とにかく、ミルクティーが甘いだけじゃなくて、好き。

タピオカの大きさと固さも、ちょうどいいモチョモチョ具合。

しかし茶言のタピオカ、フタが黒いのはかわいいんだけど、液体を飲みきった後のタピオカ捕食が難しい。

よくあるタピオカはフタがビニールで透明だから、上から見ながらズゾゾってタピオカを捕食できるけど、フタが黒くてタピオカがどこにあるのか見えない。勘で吸っていくしかない。まあ、面倒だからフタ外して一気飲みしたんだけどさ。

こんなタピオカの飲み方したら、タピオカ好きに怒られそう」だと言いながら10個くらいまとめてモチョモチョ食べたの楽しかった。美味しかった。


映え目当てだけじゃなく、きちんと美味しいタピオカミルクティー。今のところ浅草で一番美味しいタピオカミルクティー!ごちそうさまでした!


浅草のタピオカ「茶言 TEATHEORY」の詳細

各線、浅草駅から徒歩5分程度。

〒111-0032 東京都台東区浅草1-41-3

・月~金    10:30~18:30
・土日・祝日  10:30~20:30
定休日なし


書いた人…吉川真緒



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

一緒に呑みましょう!
8
シタマチの「古いと新しいをつなぐ」架け橋メディア! 地域の人と縁がつなぐストーリーを、個性的でエネルギッシュなライター陣が 笑い多め・時にはウルウルさせちゃいます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。